意外とやっていない!? ~模様替えに大切なこと~
意外とやっていない!? ~模様替えに大切なこと~

激安アウトレット家具と配置場所以外のサイズ~部屋に運ぶまで~

家具の配置を掘り下げる~空間活用のテクニック~

1Rの部屋で家具の配置は重要です。家具の配置によっては、生活に支障をきたしたり、ストレスを感じてしまったりということが起きます。このようなことが起きないように、家具の配置には気を付けましょう。どのような点に注意するべきか見ていきましょう。

生活同線で確保すべき場所とスペース

家具を配置するときは生活に支障のないほどのスペースを確保することです。生活導線は、二人分くらいの幅があり、楽に通ることが出来るか、椅子に座るとき壁にぶつからないか、窮屈ではないかなどのスペースが必要になります。このように、通る場所や立ったり座ったりする動作を自然に出来るようなスペースは必要最低限として確保しておく必要があります。いくら自分の好きな空間に部屋の模様替えを行っても、快適に生活できなくては意味がありません。家具を配置する前に、紙に間取りと家具の配置イメージを書いて最低限のスペースがあるか確認してみましょう。

理想的な家具の占有率を把握する

部屋に家具を置くときには、占有率を確認してみましょう。部屋の広さに対して家具の占有率は3分の1が良いとされています。1Rなどの小さい部屋の場合は、理想の占有率でも家具の置き場所によっては狭く感じてしまいます。広く見せるポイントの1つには、家具を壁側にまとめることです。まとめて配置することで見える床の面積が広く感じるので、快適な空間を作りだすことが出来ます。この配置方法では、必要最低限の家具を選別することが大事です。

インテリアコーディネーターからのワンポイントアドバイス

「視野」が配置のポイントです(インテリアコーディネーター)

人が部屋に圧迫感を覚えるのは、視線による影響が大きいです。そのため、視線づくりに特化した配置を心がけることが、空間を最大限に引き立たせるコツです。圧迫感を与える配置とは、椅子にくつろいだ時に視線のすぐ先に壁や高さのある家具がある状況です。この状況を開放的にするには、くつろいだ時に視線の先にある物を遠ざける工夫や、観葉植物などを置くと視線が抜けて解放感が出ます。高めの家具がある場合は、低いものにすることで広く感じる空間にすることが出来ます。

テレビアンテナやコンセントの確保も忘れずに

テレビ

テレビアンテナ端子がある場所は決まっているため、テレビを置く場所は優先的に決まってしまいます。また、家電を使用するためのコンセントの確保も大切です。コンセントが家具で隠れてしまい、使用出来なくなってしまいます。コンセントの抜き差しに不便のないように開けて置くように考えると良いでしょう。模様替えの時には、このような設備も考慮して導線を検討するようにしましょう。

家具購入前に必要となる採寸作業

限られた空間で模様替えを行うには、家具のサイズも重要なポイントになります。サイズを測る時は、家具と配置箇所だけではいけません。新しい家具を運び込む時には、それ以外のサイズも測る 必要があるため確認していきましょう。

サイズを測る際の確認箇所とは

家具のサイズを測るときは、配置場所のサイズを測ってからそれにはまる物を探すことがほとんどかと思います。しかし、サイズを測るのは、設置場所と家具だけではなく、玄関や、家具を運ぶときの通り道のサイズもしっかりと行う必要があります。部屋まで運ぶときに、階段の幅が狭くて通れなかったり、玄関から入れることが出来なかったりという問題が起きます。運ぶ時には、家具を守るために梱包もするので、少し大きくなることも頭に入れておきましょう。

搬入経路は以下も含みます

階段
階段の幅は通常90cm以上あります。このサイズよりも広くて、真っすぐな階段ならほとんど問題はありません。しかし、幅の狭い階段や螺旋階段は家具を運ぶのが困難なことがあるので、前もってサイズを測り、確認を取った方が良いでしょう。また、家具を運ぶときは、階段の踊り場で家具の向きを変えることもあります。そのため、踊り場が狭かったり、天井が低かったりすると運べないこともあるので、階段だけではなく、天井なども確認しておきましょう。
エレベーター
エレベーターがあれば、エレベーターのサイズも把握しておきましょう。共同住宅に設置されているエレベーターは、サイズが決まっていて、主に使用されているエレベーターが6人乗りと9人乗りです。エレベーター内の広さは違いますが、出入り口のサイズは同じで幅800mm、高さ2,000mmです。中の広さは、6人乗りで幅1,050mm、高さ2,200mm、奥行き1,150mm。9人乗りは幅1,050mm、高さ2,200mm、奥行き1,520mmです。
窓枠
玄関から家具が入られないときは、窓から入れることが出来ます。しかし、窓から入れる作業は、1階か2階の部屋でしか行うことができません。また、窓のサイズは家具を搬入するときに余裕がある大きさでないとといけません。2階の窓から家具を運ぶときは、機械は使用せずにロープで吊り下げて手作業で引き上げます。そのため、特別重さのある家具を運ぶことが出来ません。他にも、作業スペースの確保などもあるので、細かく確認しておきましょう。

家具の基本的なサイズ表記とは~一覧で見るサイズ表記~

上記のように家具が通る場所のサイズをきちんと測らないと、搬入に大きな労力を使います。サイズを測るにあたり必要となる表記について解説します。

  • H:Height(ヘイト)家具の高さ
  • W:Wide(ワイド)家具の幅
  • D:Depth(デプス)家具の奥行
  • SH:Seat Height(シートハイ)床から座る部分の高さ
  • SD:Seat Depth(シートデプス)座る部分の奥行
  • SW:Seat Wide(シートワイド)座る部分の幅
  • P:Person(パーソン)1Pは1人用のサイズ

サイズの単位とは

上記に記載されているH・W・D・SHなどのサイズは全てmm単位であらわされています。そのため、家具のサイズ表記を見ると、W600×D400×H500の場合は、幅600mm、奥行き400mm、高さ500mmとなります。単位の表示がない場合は基本的に「mm」単位ということを覚えておきましょう。しかし、カタログの表示ではたまに「cm」での表記になっていることもあります。建築関係や家具の設計士の間ではmm単位が当たり前ですが、購入するお客さんに向けての表記の場合はcm単位に直されていることもあるので注意して確認しましょう。

表記を理解することで選択肢がひろがります

家具を探す際に、インターネットなどのカタログを見るときもサイズ表記が読み解けることで、デッドスペースのない配置をシミュレーションできます。激安アウトレット家具などを購入するまでは家具の配置をしたときのサイズ感が分からないので、表記を理解して正しく計画を立てると失敗しないでしょう。

TOPボタン